自分の好みに合わせて水素を摂取してみよう

一口に「水素を摂取してみよう」といっても、その方法はいっぱいあります。

 

私達が個人でできる方法としては、コンビニやスーパーなどで買っている水素水を飲む、パウチ型の水素水を飲む、水素サーバーを設置する、持ち運びのできる水素生成器を使う、普通のお水に粉末型のものを入れて飲む、サプリタイプのものを飲む・・・・など一杯あります。

 

私が個人的に思うことですが、「一定の濃度(1,6ppmくらい)」があるという前提ですが、どのタイプがいいのかは、個人的な好き嫌いでいいと思います。

 

大前提 一定の濃度の水素水を選ぼう

これがまず一番大事なのですが、人間が吸収できる水素は1,6ppmが限界と言われています。

 

それ以上の濃度だと、決して体に害悪はないのですが、吸収できない部分は体外に排出されてしまいます。

 

0,4〜0,6ppmなんていう水素水もありますが、吸収できる濃度が1,6ppmという事からすれば、やっぱり少ないですね。
沢山吸収しても体に害悪はないというのなら、限界まで摂取してしまったほうが当然良いと思います。

 

なので、基本は1,6ppm以上 ということを目安に選ぶのがいいと思いますよ。

 

 

ただ、1,0〜1,6ppmあったとしてもパウチ型のものだったりすでに水素がお水に溶けているものはちょっと注意が必要かなと思います。

 

水素は分子が小さいのであっという間に大気中に逃げてしまうので、「作り置き」の水素水は時間が経つに連れて水素濃度が少なくなっていってしまうそうですね。
市販のスーパーやコンビニで買えるような水素水なんて、もはや普通のお水ってレベルまで水素が抜けてしまってるものもあるそうなので、パウチ型のものや作り置きの水素は選択肢から外しておいたほうが無難かなと思います。

 

なので、私が選択肢として挙げていた水素は、お水に溶かして飲む粉末型、卓上もしくは持ち運びできる水素生成器、すごい水素のようなサプリタイプの3種類になります。

 

水素サーバーや水道に設置して使うようなものもありますが、設置に時間がかかる、費用が嵩むという点で私の選択肢からはずしてしまいました。
なので、水素サーバーや水道に設置するタイプのものは除外ということで、お願いします。

 

卓上設置型水素水生成器

 

 

このタイプの水素生成器は、1回あたりのコストはとても安いです。
お水だけでいいわけですからね。
家族がいらっしゃる方はみんなで飲み放題です!

 

ただ、購入費用が結構高いものがおおいです(安いものもありますが、濃度が低めだったりマイナス点が多いです)。
画像のガウラミニという水素生成器なのですが、一括購入で19万8千円と、かなり高額。
レンタルもありますが、レンタルリースの期間が3年間であり、途中解約する場合は残りのリース期間の金額の50%を支払うということもあり、やっぱり高額になってしまいます。

 

家族が沢山いて、家族みんなでって考えていらっしゃる方はこのような卓上設置型でもいいのかなと思いますが、個人で水素を摂取しようと考えている方には向かないんじゃないかなぁと思います。

 

 

お水に溶かして飲む粉末タイプ

代表的なのがセブンウォーター。

 

私が最後まで「すごい水素」のようなサプリタイプと悩んだ商品です。

 

結局は、「お水を沢山飲むのがいや」ということで購入しなかったのですが、高濃度だし、お水とペットボトルがあればどこでも作って飲めるので手軽だし高濃度なので、毎日沢山お水を飲むことがいやではない、と言う方にはお勧めだと思います。

 

 

すごい水素のようなサプリタイプ

私はこのタイプにしたので、当然このサプリタイプの水素をお勧めしたいです。

 

理由は、持ち運びがとても簡単でお水があればどこでも飲めるから。

 

スポーツをする前でも、お酒を飲む前でも、旅行先でもお水さえあればどこでも飲めるんです!
すごい手軽で簡単に水素を取り入れることができるんですよ。

 

夏場の暑い時期はお水を沢山飲むのも苦になりませんが、冬だったり大して喉が渇いていないときに500ml近くのお水を一気に飲み干すなんてことは私にとっては苦痛なんです。
体に良いものを取り入れようとしているのに、ストレスを感じてしまうのは本末転倒。

 

ということで、私はサプリタイプにしました。

 

サプリタイプなので錠剤を飲むのが苦手、という人には向きませんが、特にサプリを飲むのが苦手じゃないという人にはとてもいいと思いますよ♪

 

喉が渇いたら、別にお水を飲めばいいわけですしね。